ギターコード&ウクレレコード&ピアノコード見放題

アーティスト名頭文字の読み仮名で検索

愛し  RADWIMPS

作詞 : 野田洋次郎/作曲 : 野田洋次郎

楽譜をクリックすると自動スクロール(&停止)します。
デフォルト楽器の設定

ここで選択した楽器は全ての曲でデフォルト楽器として設定されます。

ギター | ウクレレ | ピアノ | ベース | パワーコード

AWAで聴く

Am7誰かを愛せたEm7あの時の気持Fmaj7ちでいつもいれたCG6

Am7誰かを傷つけEm7る言葉もこのFmaj7世にはなかっただろCうなあG6

満ちていAm7て 枯れていCて 心はCsus4いつも誰かC

GつきはなしAm7て また求めCて いつもCsus4時のせいにしG

C傷つけFmaj7てきた人の顔CにだけモザイクEmAm7かけて

またCsus4心はGsus4愛を探C

愛されるFmaj7そのためだけに優しCさはあるとEm 

Am7ずかしがるCsus4こともなく それをC人と呼んだ

Am7愛していCsus4るとGsus4いう声C

Am7泣いていCsus4るようGsus4に聞こえC

Am7Csus4 がいGsus4つか嘘Cを つくのAm7

僕はどこCsus4かで知Gsus4っていたの

Bm G A D

G A D F#

Bm G A D

G A D

Bmもっと自分を好きになれ ってA6くらい人に優しい君へ

G分のために使う心 D残ってるF#m7の?

Bm僕はダメなの 僕の心 僕A6だけのために使うものなの

Gこんな僕をなぜ愛しく D思えるF#m7の?

Bm君のまぶたは 僕が 自A分のために

いつも G嘘をつくたび ただ涙こDぼすA

Bm神様は知ってた 全て Aこうなることを

そして G君の瞳大きく作Aったの

F#そこから見Gていたの 知ってたの いAつでもD僕は僕のことを

Bm誰より何よGり 一番A好きなDのを

F#それなのに Gそれなのに 君のA言葉は言Dう こんな僕に

Bm誰よりG何より 僕がA愛しいとD言う

Dsus4はそれAを優Bmしさと 呼ぶDsus4ことさAえ知らずBm

君の いつだってG誰かのたAめにあったD心はいつも

Bmどれだけの自G分をA愛せただDろう

僕に BmいつだってG優しくしAすぎていたD僕はいつも

Bmどれだけの「G誰かを」A愛せただDろう

Bm言葉は いつもその人を映したAがってた

神様は なぜGこんな近くに言葉を作Dったの?A

Bm心は いつも言葉に隠れ黙Aってた

神様は なぜGこんな深くに心を作Aったの?

Bm心と言A葉が重なってたGら 一つになったD

F#m7くつのBm君への悲Aしい 嘘が優しいG色になってたAろう

みんなDDsus4う 自分Dの Bm7ためだけDsus4にいつも「Bm7誰か」がいD

じゃあその「Dsus4誰か」Dの Bm7ためにDsus4はなんで僕Bm7はいないDの?

君はそDsus4う きっとDそう

「自Bm7分より好Dsus4きな人がいる」自Dadd9分が好きなD

Dsus4は 言えるDよ 「自分より好Dsus4きな君がいる」今のA僕が好き

F#人が人のたGめに流す涙 そAれこそが愛Dの存在の証だ

Bmそれを教えてくれGたのは君だ A君が作Dった僕の心は

F#誰がために それGが僕のために」A今は言えるそDれがありのままに

Bm生きてくGことだと それがA人なんだD

Dsus4はそれAを優Bmしさと 呼ぶDsus4ことはAもうしないBm

君の F#いつだってG誰かのたAめにあったD心はきっと

Bmそんな自G分をA愛したのだDろう

Bmも いつかは愛せGるかな 君のAようになれるかD

Bmは どれだけの「G誰かを」A愛せるかD

G泣いたね 君は泣いたね 心Dが「泣いて」と叫Bmぶまま

Gを嫌いにならAないように そDう祈るようF#m

A君はG愛したね 人をA愛したね 心Dが枯れそうになBmるまで

君のG分まで 君Aのため 枯れBmるまで

Am7愛していCsus4るといGsus4う声C

Am7泣いていCsus4るようGsus4に聞こえC

Am7Csus4 がいGsus4つか人Cを 救うのAm7

君はCsus4いつでも Gsus4知っていたのC

AWAで聴く
トップ > アーティスト名「ら」 > RADWIMPS
check

ヘルプ | 楽曲リクエスト

JASRAC許諾 9022157001Y38026  NexTone許諾 ID000000448

JASRAC許諾
9022157001Y38026
9022157002Y31015
NexTone許諾 ID000000448

会社概要 | プライバシーポリシー | 利用規約

© 2013-2018 U-フレット

↑ TOP

×